『起源~宗像三宮~』

こんにちは。スタッフです。

ここ半年ほどで神社やお寺に行く機会がとても増えました。
“神社に行くときは神様に呼ばれている”
そんな話を聞いたことありませんか?
私は今まさにその時期の真っ最中なのか、行きたいから一緒に行こう!という人が身近にいたり、たまたま行く旅行先に行きたい神社があったりと・・・。
神様になんだか呼ばれている気がしたりしています。

さて、神様に呼ばれている、呼ばれてはいるのだけど遠くてなかなか足を運べない。
なんて場所もあるのではないかと思います。そんな皆さまにお知らせしたいことがあります。
07c74b5e3685def8a672db4c64ffe9f4[1]
『起源 ~宗像三宮~』増浦行仁写真展がここ豊岡で開催されます。
2017年にユネスコの世界遺産に登録された宗像三宮(沖ノ島にある沖津宮、大島にある中津宮、田島にある辺津宮この三宮を総称して宗像大社と言います。
30点ほどの写真が展示される予定です。
7d762f43e119256af1b68b6f179a89c6[1]
豊岡稽古堂 市民ギャラリー(豊岡市本庁舎前)
6月14日(金)~6月23日(日)まで写真を展示しています。
OPEN/ 09:00~18:00(最終日17:00迄)※入場無料

弊社のブログをいつも見ていただいている方、たまたま今日見て下さった方、
きっと何かのご縁があるのかもしれません。

是非、写真展に足を運ばれてみてはいかがですか。

増浦行仁写真展「神の宮」@豊岡稽古堂(とよおかけいこどう)

増浦行仁写真展「神の宮」
@豊岡稽古堂(とよおかけいこどう)
2017年8月28日(月)~9月7日(木)
折り重なる奇跡が ここ豊岡に。

今日はたいへん嬉しいお知らせがございます。
我らが偉大な友人、写真家の増浦行仁氏の写真展が
なんと、私たちの街、豊岡で開かれることが正式に決まりました。
世界的な写真家である増浦行仁氏の偉業につきましては
前回の「神に選ばれた写真家 増浦行仁氏とのご縁」でも
少しだけ触れさせていただきましたが、
今回の写真展でご覧いただける「神の宮」は、
2013年に執り行われた、出雲大社の「大遷宮」と
伊勢神宮の「式年遷宮」の様子を、増浦行仁氏が準備段階から
実に9年の歳月をかけて撮影した写真集です。
出雲大社の「大遷宮」と伊勢神宮の「式年遷宮」が重なるのは
遷宮1300年の歴史上でも、いまだ3度しかなく、
私たちはその3度目の年にこの世・この日本に居あわせ
日本古来の神事に込められた神々への感謝と万物との共生共存への祈りに
思いを馳せることができたことが1つめの奇跡。
幾重もの出会いと導きを経てその2つの「遷宮」の撮影を許された
世界的な写真家 増浦行仁氏との出会いが2つ目の奇跡。
そして、 豊岡の歴史を受け継ぐシンボルでもある「豊岡稽古堂」という場所に、
増浦行仁氏と氏の作品をお招きできた3つめの奇跡。
このたくさんの奇跡が折り重なり、2017年8月28日~9月7日の11日間、
『増浦行仁「神の宮」写真展 in 豊岡』を実現できることになりました。
写真やカメラに興味のある方はもちろん、
出雲大社・伊勢神宮の神聖な空気に触れたい方、
世界が称賛する写真家 増浦行仁氏に興味がわいてきた方、
ぜひ、お一人でも多くの方にご覧いただけますよう、ご案内申し上げます。


伊勢神宮・出雲大社 奇跡の両遷宮作品集
「神の宮」増浦行仁写真展

B3ポスター原稿Bout

於   :豊岡稽古堂 市民ギャラリー(豊岡市本庁舎前)
豊岡市中央町2-4
📞0796-23-1160 地域コミュニティ振興部 文化振興課
入場料 :無料
開催期間:2017年8月28日(月)~9月7日(木)
開催時間:午前9時~午後6時 ※最終日のみ17時まで
主催  :豊岡市、増浦行仁「神の宮」写真展実行委員会
特別共催:(一財)神の宮共働態 Office MASUURA.inc


9月2日(土)には、増浦行仁氏ご本人によるワークショップ「キッズカメラマン集まれ!親子参加もOK!」も催されます。この豊岡で世界的な写真家 増浦氏ご本人から、写真の撮り方・撮られ方をアドバイスしてもらえるという夢の企画をお見逃しなく(お問い合わせ:豊岡市 地域コミュニティ振興部 文化振興課 電話0796-23-1160)。

attikuプロジェクト第1弾、出来ました!

いつもの装いにプラスするだけで一気にお洒落度が上がる魔法のクリップ。スーツ襟のフラワーホールやネクタイピンとしてはもちろん、Tシャツやポロシャツの襟元やトートバッグプラスして、さりげないお洒落をお楽しみください。

SWAROVSKI Glasses clip (L)/メガネクリップ(L)
SWAROVSKI Glasses clip (S)/メガネクリップ(S)

attiku 始動しました!

Naming Concept

アティックは、屋根裏部屋の意味を持つ。
誰にも知られない秘密基地のような、
好きなものだけをストックするストレージのような場所。
そんな屋根裏部屋にはワクワクがいっぱい。
そこには、夢やアイデアが詰まっているのだ。
そこから生まれるモノは「ココロが動く」モノたちだ。